脊柱管狭窄症治療の多様性~治療法は選べる~

看護師

自然治癒力でがんを倒す

病棟

人体には細菌やウイルスなどの有害物質を排除し、健康被害を防ぐ自律的なシステムが備わっています。これを担っているのは免疫細胞と呼ばれる細胞群です。免疫細胞にはがん細胞を無力化する働きもあり、これを利用してがん治療に役立てようとするのが免疫細胞療法と呼ばれる治療法です。

詳細を確認する

どのようなものなのか

男の人

胆道は肝臓から分泌された胆汁の通り道であり、その胆道の一部である胆のうにもがんが発生します。それが胆のうがんです。胆石ができている人は胆のうがんになる確率が上がります。胆石の治療として、胆のう摘出手術が人気を集めています。

詳細を確認する

ヘルニアと並ぶ腰痛の原因

看護師

脊椎の変性が神経を刺激

脊椎の故障で腰痛を発症する病気としては椎間板ヘルニアがよく知られていますが、これと同様にやはり腰痛の原因となる脊椎の病気に脊柱管狭窄症というものがあります。脊柱管とは脊髄の中を通っている管状の空間で、この中に神経の束が収められています。脊柱管狭窄症は、この脊柱管が狭くなることで神経を圧迫し、痛みなどを引き起こす病気です。椎間板ヘルニアと同様に頸部に発症することもありますが、圧倒的に多いのが腰部脊柱管狭窄症です。脊柱管狭窄症の主な症状は足腰の痛みやしびれ、排尿障害などです。最も特徴的なのが、間欠性跛行と呼ばれる症状です。これは歩いているとひどく足が痛むものの、立ち止まって前かがみになったり腰を下ろしたりすると痛みがやわらぐというものです。

負担の軽い手術も普及

脊柱管狭窄症は中高年の男性に多いとされている病気です。原因は先天性のものである場合もあれば外傷によって椎骨に故障が発生した場合に起きることもありますが、多くは加齢に伴う組織の変性によって引き起こされます。脊柱管狭窄症の治療に際しては、症状が比較的軽い場合は患部をコルセットで固定する保存療法が選択されます。必要に応じて消炎鎮痛薬などを併用して、安静を心がけます。痛みの程度によっては、局所麻酔薬を注入して症状をやわらげる神経ブロック療法が用いられることもあります。歩行障害を引き起こすなど重症化している場合は、組織の一部を切除して脊柱管を広げる手術療法が選択されます。最近は負担の少ない内視鏡手術を行うところも増えてきており、今後普及が進むものと考えられています。

耳のできる良性の腫瘍です

女性

聴神経腫瘍は、内耳から脳へ繋がる聴神経の前庭神経にできます。発症する場所や位置によって耳の不具合だけでなく、めまいや顔面のしびれなどを併発します。そのため画像検査により場所を特定した後、摘出手術や放射線治療など、自分に合った治療方法を選定して治療を行います。

詳細を確認する