女性医師の手術で不安解消|母体に負担をかけないためにも中絶手術は早めに決断!
病院

母体に負担をかけないためにも中絶手術は早めに決断!

女性医師の手術で不安解消

看護師

一切痛みを感じない手術

男女間の性的な営みをおこなう際に、我が子を望まないのであれば、コンドームやピルなどの避妊をしなければなりません。しかし、快楽を求め過ぎた挙句、それらの避妊行為をせずにカップル同士で性行為をおこなってしまい、その結果として、女性のお腹に命を宿してしまうケースも少なくありません。そのような場合、経済的理由や、妊娠してしまった女性の健康的な問題などから、出産することができないという方々もいらっしゃいます。大阪にお住いの方々で、そういった状況になってしまい、人工妊娠中絶を希望されている場合、女性医師による無痛人工妊娠中絶をおこなってくれるクリニックがあります。人工妊娠中絶をしようとする際には、苦痛を感じることもありますが、この大阪のクリニックをはじめとして、手術中、一切の痛みを感じないように麻酔をしてから、施術をしてくれるところもあります。また、妊娠中絶というものは、医学的には、流産や死産などを示す言葉として使用されますが、一般的には人工妊娠中絶を指すことが多くなっています。

施術後に留意したいこと

手術にかかる時間はおよそ10分程度となっています。ちなみに、妊娠してから22週が経過してしまうと、法律によって妊娠中絶を受けることはできなくなってしまいますので、妊娠が発覚したら初期段階のうちに速やかに、堕胎手術を受ける必要があります。大阪にある、これらのクリニックや病院などで、妊娠中絶を受け終えたら、しばらくの間安静にしていなければなりません。その間約2?3日前後ほどになりますが、その期間が過ぎれば、勤め先などに戻り働くことができます。中絶手術を受けた大阪の病院によっては、安静期間が必要のないところもあります。また、中絶手術によって、子宮内にキズがついてしまうこともあり、術後痛みを覚えたり、出血してしまう方もいらっしゃいます。感染症などを防ぐためにも、処方された薬を服用することや、性器が汚れてしまわないように気を配る必要もあります。