婦人科で行う手術とは|母体に負担をかけないためにも中絶手術は早めに決断!
病院

母体に負担をかけないためにも中絶手術は早めに決断!

婦人科で行う手術とは

カウンセリング

様々な事情による手術

大阪で人工妊娠中絶をする人には様々な事情があります。避妊せずに予定外の妊娠をしたり、胎児に異常が見つかった場合や人工妊娠中絶をしなければ母体に影響が及ぶときなどです。妊娠中絶は女性にとってかなり辛い決断となることがほとんどです。大阪には人工妊娠中絶手術を行う母体保護法指定医の資格を持つクリニックが数多くあります。人工妊娠中絶は母体に影響が及ばないように安全に行うことが求められます。そのために医師は十分な知識と経験が必要となります。女性は妊娠中絶を人に知られたくないという人もかなりいます。そのために大阪ではクリニック側も様々な配慮が求められます。医師は患者のプライバシーを尊重し、守秘義務を全うする高いモラルも持ち合わせなければなりません。

初期と中期に分けられる

人工妊娠中絶の時期は初期と中期に分けられます。初期は妊娠してから12週未満の中絶です。大阪ではそのスケジュールは一般的に受診して検査やカウンセリングを行い手術日を決めます。手術は前日に前処置をする場合と、当日に処置をしてから行う場合とがあります。初期の手術はほとんどが日帰りが可能です。中期の人工妊娠中絶は12週以降21週6日までに行わなければなりません。この時期は子宮が広がり手術は母体へのダメージも大きくなります。リスクを避けるため手術はさらに慎重を要するので入院したほうが無難です。これも受診してから手術日を予約します。手術を悩んでいるうちに中絶時期を逃してしまうこともあるので気をつけなければなりません。